採用情報Recruit

  1. TOP
  2. 採用情報
  3. 社員紹介

社員紹介

【社員動画】貿易部 中尾龍太

東陽建設工機の中尾龍太はこんな風に仕事をしています。彼が感じる仕事、会社って...。

貿易部 曽根

「ものづくり・技術力・グローバル」

この3つのポイントを軸に就職活動を行っていました。そこで初めで知った会社の一つが当社でした。60年の歴史と日本でのトップシェアを誇る当社が、海外においても販路拡大を目指していることを知り、その最前線で活躍したいと思い入社を決めました。

当社の機械は建物や道路を建設するうえで欠かせないもので、日本国内だけでなく新興国の発展を陰で支えていると考えると、大変やりがいを感じます。

「海外出張で販路の拡大を目指す」

月1回の海外出張では1週間ほど現地販売店の方と同行しながら、既存のお客様の工場を訪問して機械の点検や機械の商談を行っています。新規開拓のお客様を訪問し当社の機械や鉄筋加工スタイルを提案することもあります。国内ではその出張へ向けた提案資料の作成、海外からの問合せ対応、製品・部品の受発注、貿易書類の作成、製品取扱説明書の英訳など幅広く活動しています。

「様々なことにチャレンジできる環境」

入社当初、文系出身で機械についての知識は全くありませんでしたが、社内での修理研修や各種勉強会で機械や電気について学びました。また、貿易に関する知識についても社外講習会を受講したり、先輩方から学んだりしており、意欲次第で更に多様な分野においても深く学ぶことが出来ます。仕事を進める上では、「お客様に対して何がしたいのか」「どういった提案をしたいのか」ということを自ら考え挑戦できる環境であり、それが当社の営業の面白さではないかと思います。

日野生産部 中北

「モノづくりの全ての工程に携われる喜び」

工場で鉄筋加工機の製造をしています。製造の仕事といえば、とにかく“3K”などと嫌われることもあるようですが、自分としてはそのように感じることなく“物を作るおもしろさ”に夢中になって仕事をしています。

というのも当社は部品メーカーではないので、小さな部品の加工から完成した製品の試運転まで全て体験できるので“物を作るおもしろさ”に共感できる人にとっては魅力的な職場だと思います。

具体的には、ギアの噛み合せの調整をすることもあれば、ボール盤を使って穴加工を行ったり、シリンダーを製品に組み込んだりと日々単調に同じことを繰り返している訳ではないので、その時々で新しい発見もあります。最近よく聞かれるスキルアップですが、自分さえ望めば機械製造に必要な知識や技術は十分身につく職場だとも思います。

「難しいことにチャレンジしてこその達成感」

試作機の製造に携わったことがあります。その時は製造の立場から設計者に色々な意見を言わせてもらったり、上手く動かない部分をあれこれ改良してみたりと苦労することの方が多かったと覚えています。何をするにしても同じだとは思いますが、難しいことにチャレンジしてそれをクリアした時、自分の業務で例えると満足できる製品が完成した時は、喜びと達成感を覚えます。“物を作るおもしろさ”に共感できる人、汗をかいた後のビールを楽しみにしている人(冗)、指示待ちで行動するのではなく自分で考えてみることをいとわない人、そんなあなたは当社に必要な人材です。

開発部 技術課 高

製品開発全ての工程に携わる

今、既存機種を置き換えるフルモデルチェンジという開発プロジェクトを担当しています。仕事内容は製品企画から、構想、設計、図面作成、試作機の製作、評価試験、完成品の試運転までのほぼ全部の製品開発サイクルに関わっています。

お客様の効率アップをニュースで知る

毎日読んでいる日刊工業新聞の中によくお客様の新工場立ち上げの記事があり、弊社の機種導入で生産効率アップというニュースを見るたびに感動してしまいます。自分が担当している機種はまだ開発の段階ですが、いつか自分が開発した製品が実際に世の中に出て、多くの人に必要とされていると感じたときの喜びは、何事よりも代えがたいものでしょう。東陽の製品開発職の仕事は単純な設計の仕事だけではなく、お客様との打ち合わせ、構想、製品の製作、完成品の試運転まで全てのサイクルに携わっています。優秀なエンジニアになるには、まず企画から製作までの広い視野を持つことが重要です。東陽はそんな舞台を提供してくれています。

若手社員の育成に力を入れる

会社は全力で若手社員を育てていて、新人であっても活躍できるという感じがします。経営理念の一つに「各人の持味と技術によって社会に奉仕する」とあり、社員の特性と成長を追求し、鉄筋加工機の技術革新を進め、社会に貢献します。普段仕事の時も、若手社員に向けてアイディアを募集したり、積極的に開発に挑戦させたり、若手社員の考え方や柔軟性を取り入れています。

コツコツとしたモノづくりが好きな方は是非!

手作りが好き、機械に興味があり、持久力を持っている方。構想の段階で機能を実現する為に構造を何回、何十回と作り直します。設計の段階では一ヶ月、二ヶ月と続けて計算することがあり、またコツコツと何ヶ月もずっと図面を描くこともあります。つまらない、めんどうくさい、悩み、苦しいと思われるかもしれませんが、設計が終わって特に機械が無事に生産され、販売される瞬間、その達成感は本当に何事にも代えがたいものでしょう。

開発部 技術課 勝又

不測の事態にどれだけ迅速に対応できるかがカギ

設計には構想設計と詳細設計とがあります。現実は無視して「こんなものをつくりたい」を考える構想設計、実際にカタチにしていくために具体的な構造や寸法を決めていく詳設計。

詳細設計が終われば工場へ図面を送り、製造してもらうのですが、新製品の場合は、部品が干渉して取り付けられない等、不測の事態は起りえるので工場へ出張します。問題が起こったときにどう対応するかが設計者の腕の見せ所だと思っています。客先出張でもお客様に不安を与えないよう迅速に対応することを心がけています。

使いたくなる機械を設計する

私は“お客様が使いたくなる機械”をモットーに設計しています。安全性はもちろんのこと、装置の高さは、低すぎても高すぎても不便です。設計者が設計しやすい機械ではなく、使用者の目線に立った機械を作っています。加えて生産部が作りたくなるような図面を書いていくことも視野に入れております。今後は自身の技術力向上だけではなく、会社を引っ張っていけるだけの行動力を身につけていきます。

開発部 システム課 石田

人材に対する「熱意」を感じた

大学時代はプログラミングをメインに学ぶ情報工学科に入学し、実際に機械を動かしたいと思ったため研究室はロボットを動かすことが出来る知識情報処理工学を選択しました。自分の作業で、モノが動くという感覚をとても魅力的に感じたのを覚えています。

就職活動をする時もこの気持ちは変わらず、就職先を探しました。入社の決め手となったのは人材に対する熱意を感じたからです。選考の展開が他社に比べて早く、面接も「私」という人間に興味を持って話をしてくれ、人材採用に対する熱意を感じました。

自分が携わった製品がお客様の笑顔を生む

現在は、機械の画面のプログラム開発をメインに任されており、操作画面や、内部構成のプログラミングをしております。また、製品の動作検証や、耐久試験などを行い品質管理もしています。システム課にいると、お客様と直接話をする機会はなかなかありませんが、先日研修の一環として、製品の据付に参加しました。当社の製品を使用したお客様が非常に喜んで下さった姿を目にしました。「自分が携わった製品でお客様に喜んでもらいたい!」その想いが良いモノを作りたいと思う気持ちに繋がっています。

開発部 システム課 高橋

自分の想いが機械の良し悪しを左右する

現在は新製品の制御部分の設計を担当しております。概略仕様から設計仕様を作成し、電気回路図を作っています。当社では、初期設計から開発機の評価試験まで全てに携わることが出来るので「完成の喜び」を直に感じることができます。入社して10年立ちますが、やっと根本部分からの設計検討を行うようになり、自分の想いを落とし込むことも出来るようになりました。

機械は設計者の想いによって良くも悪くも違ったものになります。自分の想いを入れつつ、精度の高い「良い機械」を設計していきたいです。

チャレンジできる環境

技術者として働き始めてから今まで勉強を怠ったことはありません。次から次へと新しいモノが生み出される業界なので自分がどれだけ最前線に立っていられるかは努力次第だと思っています。会社としては、業界トップシェアを占めているので新しい情報は一番に入ってきますし、「チャレンジ」できる環境もあります。また、新しい知識や発想を得るためのセミナーや、新機種開発のための研究開発等には惜しみなく投資をしてくれます。機械と真剣に向き合いたいと思っている人にとってはピッタリの会社だと思います。

大阪営業部 田倉

自分の提案次第でお客様の工場の利益を左右する

基本的に、お客様を定期的に訪問し、自社製品の点検を行い、その点検内容により修理の進言や新規販売の商談を行っています。

また、簡単な修理であればその場で修理も行っています。そして商談に合わせて見積書等の書類作成はもちろんのこと、お客様に喜んで頂けるよう提案を行ったりもします。

その機械が活躍することは、お客様の売上を向上させることに繋がるため、責任が大きく大変に感じることもありますが、それがこの仕事の面白い所でもあります。

お客様の工場をプロデュースする仕事

機械を提案する際は、人の動き(機械の置き方で人員の配置が異なりますので、そこに無駄はないか)・工場の売り上げ・出荷量・工場の大きさを見て、過剰設備にならない費用対効果の一番いい機械を提案します。機械自体高額なものですので、もし効率が良くならなければ・・・と思うこともしばしば。お客様から「工場内の効率が悪い」と相談を受けたことがあり、試行錯誤を繰り返した結果、お客様から高評価が貰えたときは、嬉しかったです。

東京営業部 蒔田

信頼関係を構築し「自分」を買ってもらう

現在は担当させてもらっているエリア(神奈川県・山梨県)のお客様へ直接訪問し、ニーズ・課題をヒアリングし、市場動向の調査・分析・製品受注に向けた戦略の企や現場工事用商品、新製品の提案を行っています。

お客様との関係で一番大切にしていることは「信頼関係の構築」です。どんなに良い製品であっても最終的には「この人だから買おう!」と思ってもらえることが大切だと思います。

用事がなくても近くへ寄ったらお客様のところへ顔を出し、ヒアリングをする。足でかせぐことが私の営業スタイルです。機械は設計者の想いによって良くも悪くも違ったものになります。自分の想いを入れつつ、精度の高い「良い機械」を設計していきたいです。

リーディングカンパニーでありつづける

当社の商品「鉄筋加工機」は皆さんにとっては馴染みの無い製品だと思います。私も就職活動をしているときに初めて知りました。しかし、ニッチな業界でもリーディングカンパニーとして走り続け、様々なニーズに対応する鉄筋加工機を世界中に届けています。就職活動では、今まで知らなかった会社に出会える機会が沢山あります。是非、最初から1つに絞らず様々な会社に目を向けてみてください。

仙台営業所 河原

東陽建設工機の認知度や貢献度の大きさが誇り

私は、現在青森、秋田、福島の3県のエリアを営業として担当しています。入社して1年は技術サービス部門で、実践を通じて機械についての知識やメンテナンスのノウハウを身に付けました。

その後、1年は大阪で営業活動を行い、2年前から仙台営業所に異動になりました。この数年間営業をやってきて感じることは、弊社の製品の認知度の大きさと、使用されているシェアの高さです。

本当にインフラや建築物を支える非常に重要な機械を製造しており、今の日本は自分たちが支えているんだと誇りを持って仕事が出来ます。現在、70~80社の鉄筋加工会社様が私の担当ですが、ほとんどの会社で経営者の方とお話をします。その中で弊社の機械を必要とされていてお役に立てていると日々感じることができます。

技術的な話が出来るからこその信頼

東陽建設工機の営業の特徴は、代理店(商社)だけに営業を任せるのではなく、自社の営業が「直販」といって、直接お客様を訪問をして、営業活動を行っているところです。さらに強みは、ただ製品を案内するという営業ではなく、ある程度のメンテナンス業務は全ての営業マンが出来るということです。

お客様からしても営業がよく機械のことをわかっているからこそ、色々な相談や要望をお話してくださるのです。実際私もあるお客様から機械が故障したとの連絡を頂き、非常に困っている状況であることが感じ取れたため、何とか時間を作って現地に向かって対応を行いました。

対応が完了した際に「来てくれて本当に助かった。ありがとう」の言葉を頂き、やりがいを感じました。その後、こうした活動によって信頼をいただき、製品等のご注文をいただくことに繋がったと実感しました。そのことで、さらにやりがいを感じました。

一流の営業として活躍できるために日々考え、行動する

ようやく営業として、一人立ちが出来ましたが、まだまだなところも多く感じます。我々営業部はスケジュールやどの企業様を訪問するか等は、ほとんど個々人の裁量で決められる自由度の高い営業スタイルです。ですので営業それぞれによっても、やり方や手法も変わってきます。先輩や上司を見ているともっと経験を積み重ねて工夫していく必要があると思っています。

またそれが出来る環境があるので日々色々なことにチャレンジしきたいと考えています。東陽建設工機は入社時に知識ゼロでも全く問題ありません。私も化学を専攻していましたが、入社してから全ての知識は教えていただき学ぶことができました。安心して飛び込んで来て下さい。

採用に関するお問い合わせContact

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]