沿革History

  1. TOP
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革

昭和8年8月 本社現在地において鉄工業を操業
昭和25年3月 日之出鉄工所として鉄筋切断機、鉄筋曲機を生産・販売
昭和34年7月 資本金200万円にて東陽建設工機株式会社を設立
昭和35年6月 福岡工場を操業
昭和36年10月 東京工場を操業
昭和37年4月 ハッカー型鉄筋曲機からローラ型鉄筋曲機を開発・発売。大好評を博す。
昭和37年12月 仙台工場を操業
昭和42年12月 鳥飼工場を操業
昭和44年6月 名古屋営業所を開設
昭和45年2月 中小企業投資育成(株)の投資を受ける
昭和46年2月 広島営業所を開設
昭和46年4月 シンガポールにTOYO最初の海外販売代理店を設置
昭和49年3月 中小企業投資育成(株)の再投資で資本金1億円となる
昭和49年10月 鉄筋自動切断機を開発
昭和50年2月 世界初のスパイラルフープマシンを開発
昭和55年4月 鉄筋自動曲装置を開発
昭和57年4月 鉄筋加工自動化ラインシステムを開発
昭和60年4月 日野工場を操業
平成4年6月 バーインコイル材加工機を開発
平成10年9月 品質マネジメントシステム規格IS09002を認証取得
平成12年4月 品質マネジメントシステム規格IS09001を認証取得
平成12年8月 鉄筋自動切曲装置(バー材加工機)TBC-16RBを開発
平成13年1月 鉄筋自動切断機・鉄筋自動曲装置Aタイプ(NC制御)ラインナップを完成
平成15年1月 韓國TOYO建機株式會社へ鉄筋切断機C-33・鉄筋曲機B-25の生産認可

製品に関するお問い合わせContact

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

06-6553-6695

各営業所へのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ

このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]