事例紹介Introduction

  1. TOP
  2. 事例紹介一覧
  3. 株式会社小原鉄筋工業様

株式会社小原鉄筋工業様

導入製品

鉄筋自動切曲装置
TBC-16RBサーボ

会社紹介

創業年 昭和43年01月
事業内容 鉄筋組立業
企業ビジョン 私たちは、技術と安全をモットーに優れた技術を提供しています。

導入経緯

九州新幹線の工事があり、八角形の補強筋など手間のかかる特殊形状の加工が多くありました。通常の自動機でも加工できず、汎用機械では加工しにくい物があり、職人も手間がかかり大きな負担となっていました。また、誰が加工しても同じ製品ができる訳ではなく、品質にも問題があり対応に苦慮していました。

解決策

複雑な新幹線の特殊形状、八角形(補強筋)等を加工する為に、この鉄筋自動切曲装置のTBC-16RBを提案いただきました。購入前には実際に機械を目で見て確認し、鉄筋を加工してもらったため、安心して機械を購入できました。またこの機械を納入している他の業者さんの生産データなど、具体的な数字で表してくれたことも大きなポイントでした。

お客様の声

八角形を曲げるだけでなく、他の自動機械で加工が出来なかった物、曲げにくかった物のほとんどがこの機械で加工出来るようになりました。加工効率が上がったのはもちろんですが、加工製品のミスがなくなり、品質も良くなった為、現場の職人、元請け業者様からも喜ばれるようになりました。更に良かったのが、手間の掛かっていた加工がこの機械で加工出来るようになった為、他の機械の作業性、効率が格段に上がったのが大きかったです。
今までにない、革新的な機械であった為、実際に機械納入後に加工効率が上がり、利用できるか不安はあったのですが、使えば使うほど用途が広がり、いろいろな加工に使用できる機械だと関心しています。現在は弊社の主力の機械として活躍しています。今後はこの機械を発展させ、更に効率、用途が広がる機械にしていただきたいと思います。またTOYOさんには将来も業界をリードしていく製品開発、サポート体制を続けて欲しいです。

製品に関するお問い合わせContact

お電話でのお問い合わせ

FAXでのお問い合わせ

06-6553-6695(本社)

各営業所へのお問い合わせ先

メールでのお問い合わせ

このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]