導入事例。鉄筋加工機の東陽建設工機株式会社(TOYO)が経験豊富な実績をご紹介


導入事例

加工場における鉄筋の本数間違い・加工ミスを軽減!
本数カウント装置とQRコードシステムを導入。本数間違いや加工ミスによる年間経費は相当なものでしたが、導入後は確実に減ったと実感いただけました。

会社名株式会社スギウラ鉄筋
会社名
株式会社スギウラ鉄筋
導入製品
品質管理(本数カウント装置・QRコードシステム)




株式会社スギウラ鉄筋様 ホームページ

導入前の問題点

製品の本数間違いにより、現場から「〜が何本足りないからすぐ持って来て欲しい!」というクレームが月に2〜3回はありました。また、加工ミスも頻繁に発生していました。
制御盤まで歩く距離と時間、加工画面での再入力など、次の加工への段取替えの手間も何とか省けないかと考えておられました。

TOYOからの提案

問題となっていた本数間違いと加工ミスを軽減するための提案をさせて頂きました。
ライン切断機へ本数カウント装置を導入して、確実で間違いの無い本数を自動曲装置へ供給できるようにしました。加工ミスに関しては、QRコードシステムを導入して、QRコードの入った絵符を機械に読み込ませ加工形状など認識させることで、ヒューマンエラーを起こさないようにしました。また、以前から要望されていた制御盤までの動きの無駄、次の加工へ再入力の手間など省くことについても、このシステムで加工能率のアップに繋がると考えました。

お客様の声

本数カウント装置を設置した効果として、作業者の本数確認の負荷がなくなり、加工数の間違いが激減しました。これにより本数の保証ができるようになり、何よりも作業効率が向上した事が大きいです。
QRコードシステムの導入では、加工条件の設定を手入力からQRコード読み込みで自動設定が行え、品質の保証が出来るようになりました。加工不良も激減しています。
また、手入力による制御盤までの歩行ロスが無くなり、段取り作業の効率向上にも寄与しました。
ユーザーの要望を取り入れたオーダーの加工設備が開発できたら、生産性も今まで以上に向上すると思っています。私共も設備の稼働率や作業性を考えたアイデアを発案したり改善活動を進めています。今回のように、製品開発を推進するに当たり、東陽建設工機と意見交換を行い意見を取り入れてた開発を進めてもらうことで、鉄筋加工の品質と価値が上がると考えます。東陽建設工機が業界を牽引し、更なる開発・サポート体制を継続されるよう今後も期待しています。

新幹線工事の特殊加工をするため、福岡、鹿児島の2工場に鉄筋自動切曲装置「TBC−16RB」を同時導入。
少量多品種の加工に優れ、新幹線工事の加工に欠かせない機械で、他のどんな機械よりもこの工事において活躍した機械となりました。

会社名株式会社小原鉄筋工業
会社名
株式会社小原鉄筋工業
導入製品
鉄筋自動切曲装置
型式
TBC−16RBサーボ

導入前の問題点

九州新幹線の工事があり、八角形の補強筋など手間のかかる特殊形状の加工が多くありました。通常の自動機でも加工できず、汎用機械では加工しにくい物があり、職人も手間がかかり大きな負担となっていました。また、誰が加工しても同じ製品ができる訳ではなく、品質にも問題があり対応に苦慮していました。

TOYOからの提案

複雑な新幹線の特殊形状、八角形(補強筋)等を加工する為に、この機械を提案いただきました。購入前には実際に機械を目で見て確認し、鉄筋を加工してもらったため、安心して機械を購入できました。またこの機械を納入している他の業者さんの生産データなど、具体的な数字で表してくれたことも大きなポイントでした。

お客様の声

八角形を曲げるだけでなく、他の自動機械で加工が出来なかった物、曲げにくかった物のほとんどがこの機械で加工出来るようになりました。加工効率が上がったのはもちろんですが、加工製品のミスがなくなり、品質も良くなった為、現場の職人、元請け業者様からも喜ばれるようになりました。更に良かったのが、手間の掛かっていた加工がこの機械で加工出来るようになった為、他の機械の作業性、効率が格段に上がったのが大きかったです。
今までにない、革新的な機械であった為、実際に機械納入後に加工効率が上がり、利用できるか不安はあったのですが、使えば使うほど用途が広がり、いろいろな加工に使用できる機械だと関心しています。現在は弊社の主力の機械として活躍しています。今後はこの機械を発展させ、更に効率、用途が広がる機械にしていただきたいと思います。またTOYOさんには将来も業界をリードしていく製品開発、サポート体制を続けて欲しいです。

導入事例

  • 導入事例
東陽建設工機株式会社

〒551-0002 大阪府大阪市大正区三軒家東2−4−15

営業所 | 生産工場

TEL 06-6552-0341
FAX 06-6553-6695

ISO9001認証取得

▲ PAGE TOP

お知らせ TOYOについて営業所/生産工場TOYOオリジナルシステム製品情報商品紹介導入事例