鉄筋加工機、鉄筋切断機、鉄筋曲機、メッシュ加工機、鉄筋加工ラインシステムの東陽建設工機株式会社(TOYO)


採用情報

社員メッセージ

【社員動画】貿易部 中尾龍太

東陽建設工機の中尾龍太はこんな風に仕事をしています。彼が感じる仕事、会社って…。

営業部 西岡 孝 勤続9年

営業部 西岡 孝文系ですがもともと機械を触るのが好きで、この会社なら営業もできると知り入社しました。入社当初は本当に何もわからない状態でしたが、先輩について外回りしていくうちに、機械については自然と知識や技術が身についてきましたね。この仕事のやりがいは、やはり自分の考えた販売戦略が受け入れられ、時には1台数千万円もするような機械を導入いただけたときの達成感。お客様との信頼関係がなくてはできない仕事ですね。 また、大きな視野でとらえると、私たちが扱っている機械がなければ、建物も道路も造ることができません。そうした意味で、人々の暮らしを根底で支えている社会貢献度の高い仕事だと自負しています。

 

営業部 糟谷 安則 勤続4年

営業部 糟谷 安則普段の私たちの業務は、鉄筋加工機の営業、納品、据付、修理とたくさんの仕事をこなさなくてはなりません。販売担当といえども、客先へ訪問したときに故障している機械があれば可能な限り修理の対応を行い、その場での解決を目指すからです。 機械メーカーである当社は、他社の営業とは違い販売活動ばかりでなく、むしろメンテナンスなどアフターフォローの活動が多くあります。屋外での修理などは、季節の寒暖はもちろん雨風きつい日もあり、正直楽なものではありません。そうした困難な状況でも丁寧に対応していくことが、お客様との信頼関係につながっていきます。 また、先方担当者はたいてい経営者もしくは経営幹部の方なので、いわゆるトップ営業を展開することになります。トップの方から「工場のことで相談したい」と頼りにされ、経営のパートナーとして生産性や機械設備について提案することは、大きなやりがいになります。

 

営業部 田倉 信幸 勤続7年

無題Question.1 入社の決め手を教えてください
建築物に欠かすことのできない鉄筋の加工を行う為の機械のメーカーとして国内シェア約80% を占める会社であり、目立たない分野ではありますが人々の生活の根幹を支えている会社であるところに魅力を感じ、入社を決めました。
Question.2 現在の仕事内容
お客様を定期的に訪問し、自社製品の点検を行い、その点検内容により修理の進言や新規販売の商談を行っています。また、簡単な修理であればその場で修理も行っています。そして商談に合わせて見積書等の書類作成はもちろんのこと、お客様に喜んで頂けるよう提案を行ったりもします。日々の目標は、毎年自分自身が決めている売上目標金額を達成する事です。営業の計画を自分で考え、実行していく必要があるところがおもしろいところだと思います。ある程度であれば自分の都合を考慮することもできますし、自分の思い描いた通りに日程を組んで商談をしていけるのは非常に楽しいです。
自分の計画が売上を左右するため、責任が大きく圧し掛かってくるという点は大変に感じるところでもありますが、逆にやりがいのあるところでもあります。
Question.3 やりがいを感じたエピソード教えてください
私自ら一から提案した工場レイアウトや機種選定を信用して頂き、完成後に実際に利益を上げることができ、お客様から「君を信用して良かったよ、ありがとう」の言葉を頂いた時です。
Question.4 就職活動中の皆様へメッセージ
弊社は機械を触ることが好きで、責任感を持って仕事をしたいと考えている人には非常にやりがいのある日々を送ることのできる企業だと思います。就職とは、大切な出会いの一つだと思います。是非妥協することなく素晴らしい出会いを見つけてください。

 

営業部 丹羽 智彦 勤続4年

IMG_0717-2Question.1 入社の決め手を教えてください
私は学生当時、自社製造の、大きい製品を売って達成感を得たいという考えのもと就職活動をしていました。そんな時に、大型の機械・高額な機械を作るメーカーであり、日本で1 番のシェアを誇る弊社に出会いました。道を歩いていて・車や電車に乗っていて周りに見える「ほぼ全ての建物」に弊社の製品で加工された鉄筋が使われているのです。これこそ私の求める就職先であると思いました。
Question.2 現在の仕事内容
千葉・東京・埼玉・新潟・茨城と広いエリアを担当地区として営業活動を行っております。お客様を訪問しての情報収集及び機械のPR 提案、加えて現在使用されている機械のアフターフォローなども行っています。商談時には、プレゼンテーションを用いた幅広い提案活動を行います。お客様の工場レイアウトや、場合によってはお客様の要望に沿えるような製品開発の提案まで行うこともあります。弊社は圧倒的シェアを持っているため、新規訪問時でも社名は知っていただいているケースが大半です。歴史もあるため、機械購入検討時の候補にも必ず挙げていただけるので、営業チャンスは多いと感じます。営業員がメンテナンスもできるため、訪問したお客様の工場での対応などもでき顧客満足度は高いです。私の直近の目標は弊社で一番市場の大きい地区を担当できるというチャンスを背景に、売り上げナンバーワンの営業マンになることです。やはり市場が大きい故に多種多様な仕事をこなす必要がありますが、あらゆることに正確に・迅速に対応していくことで商談を実らせることが重要だと考えています。また将来的には国内で実績を積み、海外営業も経験したいと考えています。
Question.3 やりがいを感じたエピソードを教えてください
ある鉄筋加工業のお客様のところに何度も通ううちに、お客様から機械の入れ替えについての提案を依頼され、パワーポイントやエクセルを駆使して提案を行い、機械を2 台(約700 万円) 購入していだきました。その際に「次も考えているから、またいい提案をよろしく!」と工場長様から言っていただき、半年後再度設備提案を行ったところ、自動切断機(2000 万円) の購入を決断していただきました。大きな金額の商談において自分なりに戦略をたて、プレゼンで商談を進めた結果として本当に機械購入を決断していただけ本当に大きなやりがいを感じました。

 

開発部システム課 高橋 正徳 勤続5年

開発部 高橋 正徳普段は大阪の本社にて制御関係の設計業務をしておりますが、工場に出張することもあります。いつも机上でコツコツというわけではなく、けっこう「アクティブ」です。 具体的な仕事内容は、鉄筋加工機の自社製品のインバータ制御、サーボ制御等の電気回路設計、シーケンサ回路設計、機械搭載コンピュータ用のソフト開発、評価試験等を行っています。当社はトップメーカーですが大企業ではありませんので、初期設計から開発機の評価試験まですべてに携わることができ、完成の喜びが「直に体験」できます。スキルアップ教育ですが、システム開発部では自分が知り得えた技術をみんなに公開して全体のレベルアップを図るとの理念で、定期的に勉強会を開催しています。

開発業務に携わっているため、ほとんど同じ仕事がありません。勉強すること、苦労も多いのですが、常に新しいことに挑戦し、成し遂げる喜びがあります。ひとつの製品ができあがるたびに自分がやった仕事が形として残ります。

 

開発部技術課 福光 正和 勤続15年

開発部 福光 正和最初は「鉄筋加工機メーカーって何だろう?」と思いながら入社しました。 時が流れるにつれ、知名度のある企業だとわかりました。お客様に信頼され、必要とされている会社なんだと…。当社は、他の企業が取り組もうとしなかった「鉄筋」と50年 以上も向き合ってきました。そして私も今この「鉄筋」をお客様の要望どおりに「切って」「曲げる」ためだけに、日々開発業務に励んでいます。

普段の私は、所属する「技術開発部」で設計業務を担当しています。 「営業部門」よりお客様の要望が入り、それに応えるために知恵を絞り、出したアイデアを「製造部門」に伝えます。工場でできあがった機械が要望どおりのものであるか、自分が納得するまで性能をチェックします。 そしてお客様へ納品して使用していただくわけですが、時には「感謝の一言」がある反面、予期せぬ「非常事態」が発生することも。そんなときには経験豊富な上司、メンテナンス部門と意見を出し合いながら問題を解決していきます。 そうして思いどおりに製品を造りあげたときは、お客様と共に「喜び」を感じることができます。また、自分の考え方が認められたときには自分自身の「成長」を実感できます。


開発部 技術課 高 雲強 勤続1年

高さんインタビュー-2Question.1 現在の仕事内容
今、既存機種を置き換えるフルモデルチェンジという開発プロジェクトを担当しています。仕事内容は製品企画から、構想、設計、図面作成、試作機の製作、評価試験、完成品の試運転までのほぼ全部の製品開発サイクルに関わっています。
Question.2 やりがいを感じたエピソードを教えてください
毎日読んでいる日刊工業新聞の中によくお客様の新工場立ち上げの記事があり、弊社の機種導入で生産効率アップというニュースを見るたびに感動してしまいます。自分が担当している機種はまだ開発の段階ですが、いつか自分が開発した製品が実際に世の中に出て、多くの人に必要とされていると感じたときの喜びは、何事よりも代えがたいものでしょう。東陽の製品開発職の仕事は単純な設計の仕事だけではなく、お客様との打ち合わせ、構想、製品の製作、完成品の試運転まで全てのサイクルに携わっています。優秀なエンジニアになるには、まず企画から製作までの広い視野を持つことが重要です。東陽はそんな舞台を提供してくれています。
Question.3 東陽建設工機の社風を教えてください
会社は全力で若手社員を育てていて、新人であっても活躍できるという感じがします。経営理念の一つに「各人の持味と技術によって社会に奉仕する」とあり、社員の特性と成長を追求し、鉄筋加工機の技術革新を進め、社会に貢献します。普段仕事の時も、若手社員に向けてアイディアを募集したり、積極的に開発に挑戦させたり、若手社員の考え方や柔軟性を取り入れています。
Question.4 こんな人は東陽建設工機に合っている
手作りが好き、機械に興味があり、持久力を持っている方。構想の段階で機能を実現する為に構造を何回、何十回と作り直します。設計の段階では一ヶ月、二ヶ月と続けて計算することがあり、またコツコツと何ヶ月もずっと図面を描くこともあります。つまらない、めんどうくさい、悩み、苦しいと思われるかもしれませんが、設計が終わって特に機械が無事に生産され、販売される瞬間、その達成感は本当に何事にも代えがたいものでしょう。

 

日野生産部 中北 淳 勤続12年

生産部 中北 淳工場で鉄筋加工機の製造をしています。 製造の仕事といえば、とにかく“3K”などと嫌われることもあるようですが、自分としてはそのように感じることなく“物を作るおもしろさ”に夢中になって仕事をしています。というのも当社は部品メーカーではないので、小さな部品の加工から完成した製品の試運転まで全て体験できるので“物を作るおもしろさ”に共感できる人にとっては魅力的な職場だと思います。具体的には、ギアの噛み合せの調整をすることもあれば、ボール盤を使って穴加工を行ったり、シリンダーを製品に組み込んだりと日々単調に同じことを繰り返している訳ではないので、その時々で新しい発見もあります。最近よく聞かれるスキルアップですが、自分さえ望めば機械製造に必要な知識や技術は十分身につく職場だとも思います。

試作機の製造に携わったことがあります。 その時は製造の立場から設計者に色々な意見を言わせてもらったり、上手く動かない部分をあれこれ改良してみたりと苦労することの方が多かったと覚えています。 何をするにしても同じだとは思いますが、難しいことにチャレンジしてそれをクリアした時、自分の業務で例えると満足できる製品が完成した時は、喜びと達成感を覚えます。 “物を作るおもしろさ”に共感できる人、汗をかいた後のビールを楽しみにしている人(冗)、指示待ちで行動するのではなく自分で考えてみることをいとわない人、そんなあなたは当社に必要な人材です。

貿易部 林 成蘭 勤続8ヵ月

貿易部 林 成蘭中国から日本に来て、その語学力を活かし貿易部を担当しています。 現在担当している仕事は、貿易書類(通関書類、買取書類等)の作成・整理、機械台帳への入力、海外から届くメールやファックスの和訳など。貿易取引は、国内外の代理店を介して行うので、代理店と書類のやりとりをします。 また、海外のお客様がご覧になる製品カタログや取扱説明書の翻訳もしています。当社の製品は、世界どの地域にも販売しますが、その中でも韓国と台湾が大半を占めます。現在はその地域の人に、製品のことをもっと分かりやすく伝え、安全に使用いただけるよう「取扱説明書」の翻訳を中心に作業しています。その他にも、韓国からお客様がいらっしゃる時には、当社や国内鉄筋加工業者様の工場見学に同行して通訳をしています。

大変なことは、貿易の書類はすべて英文であることです。機械や部品など専門用語がたくさんあり、英語を勉強しながらその読み書きに悪戦苦闘しています。 これは私だけだと思いますが、未だ日本人の名前を覚えるのが難しいです。 嬉しいことは、会社の雰囲気に馴染んできたこと。 日本の会社は初めてで、生活習慣の違い、考え方の違い、そして会社の雰囲気の違いなど、今まで経験のない色々なことに直面し、最初は相当不安を感じました。 ところが、懇切丁寧なTOYO社員のお蔭で、段々と雰囲気に馴染むことができ、仕事も少しずつ慣れてきました。また時には、貿易実務の講習会に参加し、普段理解し難い貿易知識を習得することができるなど、現在は毎日が充実と楽しみでいっぱいです。 こんなアットホームな会社で、みなさんも一緒に楽しく働いてみませんか。

貿易部 曽根 崚佑(そね りょうすけ)

Sone Ryosuke

「ものづくり・技術力・グローバル」
 この3つのポイントを軸に就職活動を行っていました。そこで初めで知った会社の一つが当社でした。60年の歴史と日本でのトップシェアを誇る当社が、海外においても販路拡大を目指していることを知り、その最前線で活躍したいと思い入社を決めました。当社の機械は建物や道路を建設するうえで欠かせないもので、日本国内だけでなく新興国の発展を陰で支えていると考えると、大変やりがいを感じます。

「海外出張で販路の拡大を目指す」
 月1回の海外出張では1週間ほど現地販売店の方と同行しながら、既存のお客様の工場を訪問して機械の点検や機械の商談を行っています。新規開拓のお客様を訪問し当社の機械や鉄筋加工スタイルを提案することもあります。国内ではその出張へ向けた提案資料の作成、海外からの問合せ対応、製品・部品の受発注、貿易書類の作成、製品取扱説明書の英訳など幅広く活動しています。

「様々なことにチャレンジできる環境」
入社当初、文系出身で機械についての知識は全くありませんでしたが、社内での修理研修や各種勉強会で機械や電気について学びました。また、貿易に関する知識についても社外講習会を受講したり、先輩方から学んだりしており、意欲次第で更に多様な分野においても深く学ぶことが出来ます。仕事を進める上では、「お客様に対して何がしたいのか」「どういった提案をしたいのか」ということを自ら考え挑戦できる環境であり、それが当社の営業の面白さではないかと思います。

採用情報

  • 新卒採用
  • 応募者の方へ
  • 新卒募集要項
  • 会社案内
  • よくあるQ&A
  • 社員メッセージ
  • お問い合わせ
  • 中途採用
  • 応募者の方へ
  • 中途募集要項
  • 会社案内
  • よくあるQ&A
  • 社員メッセージ
  • お問い合わせ
東陽建設工機株式会社

〒551-0002 大阪府大阪市大正区三軒家東2-4-15

営業所 | 生産工場

TEL 06-6552-0341
FAX 06-6553-6695

ISO9001認証取得

▲ PAGE TOP

お知らせ TOYOについて営業所/生産工場TOYOオリジナルシステム製品情報商品紹介導入事例


このサイトでは、サービス向上のためCookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することで、cookie使用に同意するものとします。 詳細はコチラ
[ 閉じる ]